日本には四季がありますが、シンガポールは1年通して常夏ですから、気温の変化はありません。 しかし、春は比較的過ごしやすい気温なので、旅行にはもってこいの時期です。 また、雨季から乾季に切り替わる時期でもあるため、普段は見ることができないような景色も楽しめます。 春のシンガポール旅行の見所は、次の3箇所です。 ・ボタニックガーデン ・チャイナタウン ・シンガポール国立博物館 シンガポールを代表する植物園「ボタニックガーデン」は、大自然を楽しみたい方におすすめのスポットです。 地元の方が多く利用していますが、観光客にも人気があります。 華やかなランの花が咲き乱れており、女性に大好評です。 また、4月の終わりから5月にかけて、チャイナタウンでは、ベサックデーというお祭りが開催されます。 お釈迦様の誕生日を祝う盛大なお祭りなので、とても賑やかです。 それに、4月にシンガポール国立博物館を訪れると、映画を無料で観ることができるかもしれません。 シンガポール国立博物館はシンガポール国際映画祭の会場として使用されるため、それに向けたイベントがたくさん開催されます。